うしにシマウマ模様描もようえがいてハエを撃退げきたいされる回数かいすうほぼ半減はんげん

2019-10-10 17:02:06Z

くろうしにシマウマ模様もようえがいたら、ハエやアブにされる回数かいすうが50%ちかりました。米科学誌べいかがくしプロスワンにそんな研究論文けんきゅうろんぶん発表はっぴょうされました。

日本にっぽん研究けんきゅうチームうしとう使つかって実験じっけん実施じっししました。白黒しろくろのしま模様もようえがいたうしと、くろしま模様もようえがいたうし、しま模様もようなしのうしについて、それぞれハエやアブにされた回数かいすうかぞえ、うし反応はんのう観察かんさつしました。

その結果けっかくろしま模様もよううしと、しま模様もようなしのうしは、30ぷんあいだに110回以上かいいじょうされたのにたいし、白黒しろくろのしま模様もよううしされた回数かいすうは60かいちませんでした。

ハエやアブはうしだけでなくひとこともあります。されたうしえさべたりねむったりする動作どうささまたげられ、生産性せいさんせい低下ていかして畜産業界ちくさんぎょうかい経済損失けいざいそんしつしょうじさせることもあります。

Download