Search
Filter
Level:
Source:
iPS細胞さいぼうから2つ以上いじょう臓器ぞうき一度いちどつく
Furigana

September 27, 2019 11:09

iPS細胞さいぼうは、からだいろいろ部分ぶぶんわることができる細胞さいぼうです。

東京医科歯科大学とうきょういかしかだいがく武部たけべ貴則たかのり教授きょうじゅグループは、iPS細胞さいぼうから肝臓かんぞうすいぞうなど2つ以上いじょう臓器ぞうき一度いちどつくったと発表はっぴょうしました。

グループ最初さいしょに、ひとのiPS細胞さいぼう消化器しょうかきわるまえまでそだてました。そしてちが臓器ぞうきなる細胞さいぼうひとわせそだてると、肝臓かんぞうすいぞうと、両方りょうほうつなぐたんかんいちどにできました。おおきさはやく1cmで、かあさんのおなかなかにいる1かげつあかちゃん臓器ぞうきおなぐらいです。肝臓かんぞうから液体えきたいながて、臓器ぞうきはたらこともわかりました。

iPS細胞さいぼうから2つ以上いじょう臓器ぞうき一度いちどつくったのは世界せかいはじめてです。グループこれから血管けっかんなどつくって、ひと移植いしょくして病気びょうきなおために使つかいたいとはなしています。

Easy Japanese App
Practice reading and listening with newspaper.
OPEN IN APP