日本にっぽんのユニセフ「スポーツをしているどもをまもろう」

2018-11-09 11:30:00

日本にっぽんでは、スポーツ選手せんしゅコーチなどから暴力ぼうりょくやパワーハラスメントをける問題もんだいつづきました。

日本にっぽんユニセフは、スポーツをしているどもをまもために大人おとなどのように指導しどうしたらいいかかんがえました。そしてユニセフ本部ほんぶ一緒いっしょに10の大切たいせつかんがかたまとめました。

このなかには「試合しあいことだけが大事だいじだというかんがかたは、どものためによくない場合ばあいあるため、をつけなければならない」といてあります。ほかにも、「暴力ぼうりょくやパワーハラスメント、きびしすぎる練習れんしゅうなどをなくすために専門せんもん知識ちしきったひとアドバイスなどをする」とか「どもたちが相談そうだんできるところなどをつく」などといてあります。

日本にっぽんユニセフこれからスポーツ団体だんたい学校がっこう会社かいしゃなどチームこのかんがかたつたえることにしています。