Tùy chỉnh


Furigana
UnderLine
Language
Size
CO2再利用さいりようで「家庭用かていようガス製造せいぞう 脱炭素だつたんそ
Jun 30, 2022 11:06
Translation
Anonymous 19:06 30/06/2022
0 0
Add translation
CO2再利用さいりようで「家庭用かていようガス製造せいぞう 脱炭素だつたんそ
label.tran_page Manufacture of ”household gas” by reusing CO2 to decarbonize

 脱炭素化だつたんそか実現じつげんするため発電所はつでんしょなど排出はいしゅつするCO2再利用さいりようして家庭かてい使つかえるガス」をつくメタネーション施設しせつはじめて公開こうかいされました

label.tran_page For the first time, a methanation facility that reuses CO2 emitted from power plants to create ”gas” that can be used at home in order to realize decarbonization has been released.

 東京とうきょうガス公開こうかいした横浜よこはまあるメタネーション施設しせつでは、「CO2」と「水素すいそ」を合成ごうせいして家庭かていなど使つかえるメタンガスを製造せいぞうする実験じっけんおこなわれています
label.tran_page At the Methanation facility in Yokohama released by Tokyo Gas, an experiment is being conducted to synthesize methane gas that can be used at home by synthesizing ”CO2” and ”hydrogen”.

 CO2原料げんりょうにしているため、火力発電所かりょくはつでんしょなど排出はいしゅつするCO2回収かいしゅうして再利用さいりようすることができます
label.tran_page Since CO2 is used as a raw material, CO2 emitted from thermal power plants can be recovered and reused.

 2030ねん実用化じつようか目指めざしていて、稼働かどうすればこの施設しせつだけでCO2排出量はいしゅつりょう210トン削減さくげんできる試算しさんしています
label.tran_page Aiming for practical use in 2030, it is estimated that CO2 emissions can be reduced by 210 tons with this facility alone if it operates.

 こうした技術ぎじゅつ二酸化炭素にさんかたんそ地中ちちゅうふうめる「CCUS」などとともに、脱炭素化だつたんそか実現じつげんのため開発かいはつすすめられています
label.tran_page These technologies are being developed to realize decarbonization, along with ”CCUS” that traps carbon dioxide in the ground.