全国ぜんこく調査ちょうさ】“らぬ火葬かそう死後しご事務じむトラブル 5ねんで14けん

Easy Japanese news
Jun 10, 2024 19:06
Furigana
Japanese newspaper
1にんらしひと増加ぞうか家族かぞくのつながりの希薄きはく背景はいけいに、くなったあと、遺体いたい引き取ひきとって火葬かそうする親族しんぞくがいないひとえています。

引き取り手ひきとりてがない遺体いたい」は自治体じちたい火葬かそうなどおこないますが、全国ぜんこく109の自治体じちたい対象たいしょうにNHKが調査ちょうさしたところ、火葬かそう親族しんぞくあらわ苦情くじょうけるなどのトラブル過去かこ5ねんあまりすくなくとも14けんきていたことがわかりました。

アンケート調査ちょうさからえてきた現状げんじょうと、取材しゅざいした各地かくち実情じつじょうくわしくお伝おつたします。

くなったあと遺体いたい引き取ひきとって火葬かそうする親族しんぞくなどがいないひとについては、死亡しぼうした場所ばしょ自治体じちたい火葬かそうすると、法律ほうりつさだめられています。

NHKは先月せんげつ、こうした「引き取り手ひきとりてのない遺体いたい」への対応たいおうをめぐり、全国ぜんこく県庁けんちょう所在地しょざいち政令市せいれいし中核ちゅうかくそれに東京とうきょう23の109自治体じちたい対象たいしょうアンケート調査ちょうさおこない、すべての自治体じちたいから回答かいとうました。

調査ちょうさでは、おもに4つの項目こうもくについてたずねました。

じゅんくわしくみていきます。

冒頭ぼうとう目次もくじからみたい項目こうもく直接ちょくせつべます)

1.「引き取り手ひきとりてのない死亡しぼうじん火葬かそう人数にんずう

調査ちょうさでは、くなったあと「遺体いたい引き取ひきと家族かぞく親族しんぞくがいない」として、墓地ぼち埋葬まいそうほう生活せいかつ保護ほごほうなどもとづき、自治体じちたい火葬かそうした人数にんずう年度ねんどごとにきました。

その結果けっか、2023年度ねんどは99の自治体じちたいすくなくとも1まん2122にんが「引き取り手ひきとりてがない」として火葬かそう※されていました。

大阪おおさかいずれその年度ねんど合祀ごうしされたかず集計しゅうけいしています。

生活せいかつ保護ほご取り扱とりあつか部署ぶしょ引き取り手ひきとりてのない遺体いたい火葬かそうかず集計しゅうけいしていない自治体じちたいもあり、実際じっさい人数にんずうこれよりおおかんがえられます。

自治体じちたいべつにみますと、

名古屋なごや 1343にん

神戸こうべ 634にん

千葉ちば 539にん

福岡ふくおか 293にん

広島ひろしま 291にん

東京とうきょう足立あだち 158にん

札幌さっぽろ 141にん

高松たかまつ 133にん

新潟にいがた 102にん

福島ふくしまけんいわき 87にん

などとなっています(速報そくほうふく)。

また比較ひかく可能かのうな10年間ねんかんぶん記録きろくのこっている62自治体じちたいでみると、

▼2014年度ねんど 4422にん

▼2015年度ねんど 4695にん

▼2016年度ねんど 5034にん

▼2017年度ねんど 5380にん

▼2018年度ねんど 5945にん

▼2019年度ねんど 6523にん

▼2020年度ねんど 7180にん

▼2021年度ねんど 7447にん

▼2022年度ねんど 8479にん

▼2023年度ねんど 9365にん

となっていて、この10ねんばい以上いじょう増加ぞうかしていました。

これともない、現場げんばの“事務じむ負担ふたん”がえている実態じったいについて、おお回答かいとうせられました。

身寄みよのない遺体いたい案件あんけん年々ねんねん増加ぞうかしており、職員しょくいん対応たいおうする事務じむりょうえる一方いっぽうある」(四国しこく自治体じちたい

相続そうぞくじん調査ちょうさおこな場合ばあい戸籍こせきとう請求せいきゅう時間じかんかかるため事務じむ遂行すいこう多大ただい時間じかんようしている。身寄みよのない遺体いたい発生はっせい件数けんすう年々ねんねん増加ぞうかしているため、職員しょくいん負担ふたん増加ぞうか予想よそうされる」(岡山おかやま

相続そうぞくじん特定とくていしても、連絡れんらくがとれないことがおおく、連絡れんらくがとれても、『疎遠そえんあるため』『高齢こうれいであるため』といった理由りゆう遺骨いこつ遺留いりゅうひんの引をされないケースえてきている」(関西かんさい自治体じちたい

2.公費こうひ負担ふたん推移すいい

引き取り手ひきとりてのない死亡しぼうじんに関にかんする死後しご事務じむの“公費こうひ負担ふたん”についてもきました。

のぼっていました。

税金ぜいきんによる“公費こうひ負担ふたん”は年々ねんねん増加ぞうかしていて、自治体じちたいからはくにによる支援しえん負担ふたん軽減けいげんさく必要ひつようせいもとめる回答かいとうせられました。

「『引き取り手ひきとりてのいない死亡しぼうじん』にかか費用ひよう年々ねんねん増加ぞうかしており、財政ざいせい圧迫あっぱくしている状況じょうきょうです。国庫こっこ負担ふたん検討けんとうしていただきたい」(さいたま

親族しんぞく調査ちょうさ遺体いたい葬儀そうぎ会社かいしゃとう保管ほかんすることになるので今後こんご費用ひようめん心配しんぱいある」(愛知あいちけん一宮いちのみや

自治体じちたいにおける費用ひよう負担ふたん事務じむかかる人的じんてき体制たいせいなどについて、具体ぐたいてき方策ほうさく検討けんとうすべき時期じきているのではないか」(千葉ちば

3.死後しご事務じむめぐる“トラブル

死後しご事務じむをめぐり火葬かそう親族しんぞくなどの対応たいおう苦慮くりょしたケース調査ちょうさしました。

具体ぐたいてきには「引き取り手ひきとりてがない」として火葬かそうしたあとに親族しんぞくあらわれたり、親族しんぞくなど遺骨いこつ返還へんかんできず、苦情くじょうけたり、対応たいおう苦慮くりょしたケース有無うむと、その件数けんすうきました。

その結果けっか火葬かそう親族しんぞくなど引き取り手ひきとりてあらわれ、苦情くじょうけたり対応たいおう苦慮くりょしたケースが、「ある」と回答かいとうしたのは11の自治体じちたいで14けんでした(2019ねん以降いこう)。

また返還へんかんもとめる親族しんぞくなど遺骨いこつかえせなかったケースで「ある」と回答かいとうしたのは3自治体じちたいで4けんでした(2017ねん以降いこう)。

このほかには、連絡れんらくちがで、らないうち父親ちちおや火葬かそうされたり、▽火葬かそうよく調しらべるいもうとがいたことがかったケースや、火葬かそうあらわれた親族しんぞく葬儀そうぎ費用ひよう遺留いりゅう金品きんぴんをめぐってトラブルになったケースも複数ふくすうありました。

火葬かそうをめぐっては、統一とういつてきなルールがなく、時間じかん予算よさんかぎあるなか対応たいおうなやこえせられました。

本来ほんらいであれば親族しんぞく調査ちょうさおこなうのがのぞましいが、調査ちょうさ完全かんぜんおこな時間じかんてき猶予ゆうよ現実げんじつてきにはないことから、火葬かそうさきってしまうことがほとんどである」(いわき

保管ほかんとう問題もんだいから、十分じゅうぶん親族しんぞく調査ちょうさ期間きかん確保かくほできないうち火葬かそうしなければならず、火葬かそうおよ調査ちょうさ結果けっか親族しんぞく判明はんめいするケースがあるため、親族しんぞくがいない、または引き取り手ひきとりてがいないと判断はんだんする明確めいかく基準きじゅんしめしてほしい」(福島ふくしま

こうしたケースについて、件数けんすう発生はっせいねん不明ふめいなものの、「過去かこにあった」とした自治体じちたい複数ふくすうあったほかその有無うむについて「把握はあくしていない」とした自治体じちたいも3わりあり、実際じっさいにはさらにおお可能かのうせいがあります。

4.“統一とういつルール”の必要ひつようせい

死後しご事務じむについては火葬かそうだけでなく遺骨いこつ保管ほかん親族しんぞく調査ちょうさ範囲はんいなどについても統一とういつてきなルールがなく、その必要ひつようせいについてどうかんがえているかも調査ちょうさしました。

その結果けっか、109の自治体じちたいうちしました。

一方いっぽう、「ルール必要ひつようない」とした自治体じちたいもあったほか統一とういつてきなルールは必要ひつようとしながらも、「現場げんば実情じつじょうまえた運用うんよう可能かのうなルールの整備せいびのぞ」といったこえもありました。

統一とういつルールもとめる理由りゆうについては以下いかのようなこえせられました。

死亡しぼうじん遺品いひんとうあずかりを依頼いらいされても、具体ぐたいてきにどのようにあつかのか、物品ぶっぴんごとの明確めいかく規定きていしめされていないため、あつか苦慮くりょする場合ばあいある」(東京とうきょう自治体じちたい

担当たんとうしゃ事務じむ煩雑はんざつであり、負担ふたんおおきいため、職員しょくいん安心あんしんして事務じむ遂行すいこうするためにもくにによる統一とういつてきなルール整備せいびのぞまれる」(関西かんさい自治体じちたい

また関連かんれんするほう整備せいびもとめるこえ複数ふくすうありました。

引き取り手ひきとりて遺体いたい行政ぎょうせい包括ほうかつてき対応たいおうできるような法律ほうりつ整備せいびおこな必要ひつようせいがある。対応たいおうする法律ほうりつ所管しょかんする行政ぎょうせい体系たいけいがコンパクトになることで、より迅速じんそくかつ適切てきせつ対応たいおう実施じっしできるようになるとかんがえます」(名古屋なごや

既存きそんほう制度せいど家族かぞくとうによる葬祭そうさい前提ぜんていにし、それができない場合ばあい行政ぎょうせいによる火葬かそうおこな規定きていとなっていますが、社会しゃかい情勢じょうせい変化へんか対応たいおうした仕組しく検討けんとうがなされることを期待きたいする」(神戸こうべ

おわりかつなど生前せいぜんサポート”制度せいど拡充かくじゅうもとめるこえ

このほかきているにできる死後しご手続てつづについてのルール整備せいび支援しえん制度せいど拡充かくじゅうもとめるこえ複数ふくすうありました。

身寄みよのないほう今後こんごさらに増加ぞうかしてくるとかんがえられ、死亡しぼう火葬かそう遺骨いこつ財産ざいさんとうについて生前せいぜん整理せいりできるルールづく必要ひつようせいかんじる」(東京とうきょう自治体じちたい

葬儀そうぎ身の回みのまわかたづけについて、市民しみん生前せいぜん自身じしん意思いしめられることがのぞましい死後しご事務じむ委任いにん契約けいやくとう周知しゅうちおわりかつがより簡易かんいできるような、制度せいどほう整備せいび必要ひつよう」(関西かんさい自治体じちたい

ここまでてきたアンケート結果けっか

現場げんばではなにきているのか、また背景はいけいどのような変化へんかあるのでしょうか。

各地かくちなにが?「身寄みよなし」と火葬かそう謝罪しゃざいケース

アンケートでもあきらかになったように、実際じっさいには、親族しんぞくがいるのに「身寄みよりがない」として、自治体じちたいによって火葬かそう納骨のうこつされ、トラブルになるケースがいま各地かくち発覚はっかくしています。

京都きょうと伏見ふしみで1にんらしをしていた当時とうじ73さい今西いまにしはじめさんはおととし1つき心筋しんきん梗塞こうそく病院びょういんはこばれてくなり、京都きょうと遺体いたい引き取り手ひきとりて調しらべた結果けっか身寄みよがない」と判断はんだんし、8にち火葬かそうおよそ3週間しゅうかん無縁むえん墓地ぼち納骨のうこつしました。

ところがその後そのご市内しないおとうと夫婦ふうふんでいたことがわかりました。

は、ほかの自治体じちたいある戸籍こせきまでたどれば親族しんぞくがいることを確認かくにんできたものの調査ちょうさ不十分ふじゅうぶんだったとして、ことし3つきおとうと夫婦ふうふ経緯けいい説明せつめいしたうえ謝罪しゃざいしました。

京都きょうとでは、当時とうじ引き取り手ひきとりてのない遺体いたいについてのマニュアルがかったものの、去年きょねんなつ作成さくせいし、現在げんざい法定ほうてい相続そうぞくじん範囲はんいない戸籍こせき調しらべたうえで、原則げんそく引き取り手ひきとりてがないことを確認かくにんしてから火葬かそうすることにしているということです。

一方いっぽうおとうと夫妻ふさい京都きょうとから請求せいきゅうされた火葬かそうにかかった費用ひようなどおよそ17まんえんおさめ、あらためて今西いまにしさん納骨のうこつえたということです。

今回こんかいのことをけ、おとうと今西いまにし恵一けいいちさんは「自分じぶんたちでなんらかのかたち安否あんぴ確認かくにんができていればという後悔こうかいもありますが、ちか親族しんぞくがいながらなに連絡れんらくかったというてんあにによってすこでも改善かいぜんできたらいいとおもいます。あににはこれから対応たいおう草葉の陰くさばのかげから見守みまもっていてほしい」とはなしていました。

くにによる統一とういつてきなルールの整備せいび必要ひつようだ」

いま法律ほうりつでは自治体じちたい引き取り手ひきとりてのない遺体いたい判断はんだんするさいに、親族しんぞくがいないかを調しらべる範囲はんい火葬かそうまでの期限きげんについてのくに統一とういつした規定きていはなく、運用うんようそれぞれ自治体じちたい判断はんだんゆだねられています。

おお自治体じちたいでは、戸籍こせきなどをたどって親族しんぞくさがしていますが、郵送ゆうそう連絡れんらくしても返信へんしんがなかったり、ことわられたりすることで調査ちょうさには時間じかんかかることが指摘してきされています。

親族しんぞくっても、配偶はいぐうしゃどもおや、きょうだい、おい・めいなどくなったひとのどの範囲はんいまで調しらべればいいか明確めいかくさだめられているものはなく引き取ひきとりの意向いこう確認かくにんするのにすうか月かげつ以上いじょうかかる場合ばあいあるということです。

またその間そのかん遺体いたい葬儀そうぎ会社かいしゃ冷蔵庫れいぞうこなど保管ほかんする必要ひつようがあり、そのぶん費用ひようがかさんだり、遺体いたい状態じょうたい悪化あっかにつながったりするため、いつまでも保管ほかんはできないという問題もんだいもあります。

なにもルールがないなかでは、自治体じちたいは、親族しんぞくどこまで調しらべ、いつ火葬かそうするかそのつど判断はんだんすることになり、今回こんかいアンケートではこうした対応たいおうについて、自治体じちたい独自どくじさだめたルールやマニュアルが「ある」とこたえたのは38自治体じちたいで34%あまりでした。

一方いっぽうで、親族しんぞく調査ちょうさ範囲はんい火葬かそう時期じきなどをたずねた設問せつもんでは、「病院びょういん警察けいさつから遺体いたい引き取ひきとったのちすぐに火葬かそうする」と回答かいとうした自治体じちたいすくなくありませんでした。こうした状況じょうきょう背景はいけいに、アンケートでは9わりえる自治体じちたいが「くにによる統一とういつてきなルールの整備せいび必要ひつようだ」とこたえています。

らぬ火葬かそう”をふせため

埼玉さいたまけん朝霞あさかは、火葬かそうおこなったのち遺体いたい引き取ひきとことができたという親族しんぞくからの申し出もうしでがあるのをふせぐため、けんしめすマニュアルに沿って、担当たんとう職員しょくいん戸籍こせきを3親等しんとうまで調査ちょうさし、遺体いたい引き取ひきとりや火葬かそうできる親族しんぞくがいないか1けん1けん確認かくにんしています。

調査ちょうさおこなっている契約けいやくする葬儀そうぎ業者ぎょうしゃ遺体いたい安置あんち依頼いらいしていますが、ながケースだと期間きかん半年はんとしおよこともあるということです。

朝霞あさか生活せいかつ援護えんご望月もちづき三枝子みえこ課長かちょうは「引き取り手ひきとりてのない遺体いたい今後こんごえる見込みこまれるので統一とういつてきなルールづく費用ひよう負担ふたんなどについて、くに対応たいおうしてもらいたい」とはなしていました。

くに見解けんかい

親族しんぞくがいるのに「身寄みよがない」として火葬かそうされてしまう事態じたいきていることについて、厚生こうせい労働ろうどうしょうつぎのように回答かいとうしました。

厚生こうせい労働ろうどうしょう

身元みもと親族しんぞく有無うむなどについては一定いってい確認かくにんおこなことが前提ぜんていかく自治体じちたいでは、くなったひと親族しんぞくとの関係かんけい日常にちじょう生活せいかつにおける友人ゆうじん知人ちじん地域ちいき社会しゃかい職場しょくばとの関係かんけいなどの個別こべつ事案じあん取り巻とりまさまざまな状況じょうきょうそれぞれ自治体じちたいさだめる事務じむ手続てつづなどにおうじて対応たいおういただいているものとかんがえている」

またルール策定さくていについては「自治体じちたいにおいて、身寄みよのない遺体いたい取り扱とりあつか苦慮くりょするケースあることから実態じったい調査ちょうさおこなうこととしており、調査ちょうさ結果けっかまえ、対応たいおう検討けんとうしたい」としています。

える遺体いたい警察けいさつでも

一方いっぽう引き取り手ひきとりてがない遺体いたい取り扱とりあつかえるなか警察けいさつ対応たいおうせまられています。

埼玉さいたまけん警察けいさつ本部ほんぶによりますと病院びょういん以外いがいなどひと死亡しぼうした場合ばあい事件じけんせいがないかを確認かくにんする「検視けんし」などの件数けんすう去年きょねん1年間ねんかんに1まん1905けんで、5ねんまえ(9847けん)の1.2ばいえているということです。

このうちおよそ4ぶん1にあたる3052けんは、1にんらし高齢こうれいしゃで、引き取り手ひきとりてさがのに時間じかんがかかり一定いってい期間きかん警察けいさつしょ安置あんちするケースえているということです。

このため警察けいさつ今年度こんねんど遺体いたい安置あんちする設備せつび拡充かくじゅうする費用ひようとして12ねんぶりに400まんえん計上けいじょうするなど対応たいおうせまられています。

埼玉さいたまけん警察けいさつ本部ほんぶ捜査そうさいち検視けんし調査ちょうさしつ竹崎たけざき慎吾しんご室長しつちょうは「遺体いたいこれから増加ぞうかしていくおもが、事件じけん見落みおとしをふせ死者ししゃ尊厳そんげんまもためにも自治体じちたい連携れんけいしながらできることをしっかりやっていきたい」とはなしています。

火葬かそう9日間にちかん費用ひようぞう

くなるひとかず増加ぞうかするなかで、家族かぞくなど火葬かそうするまでの期間きかんこれまでよりながくなり、費用ひようがかさむケースています。

千葉ちばけん流山ながれやま大塚おおつか信博のぶひろさん(62)は、去年きょねん4つき、88さい母親ははおやくしました。

流山ながれやまふく3つの隣接りんせつするかしわ公営こうえい火葬かそうじょう運営うんえいしていて、大塚おおつかさん葬儀そうぎ会社かいしゃ依頼いらいしたところこの火葬かそうじょうんでいて最短さいたんで9にちになるとつたえられたといいます。

葬儀そうぎまでの母親ははおや遺体いたい自宅じたく安置あんちすることになり、冷房れいぼういちにちちゅうつけたうえで、葬儀そうぎ会社かいしゃ職員しょくいん冷却れいきゃくようのドライアイスを毎日まいにち交換こうかんしにてもらう対応たいおう依頼いらいしました。

そのため費用ひようがかさみ、すぐに火葬かそうできる場合ばあいくらべると、8まんえん以上いじょうおおくかかったということです。

大塚おおつかさんは「まさか1週間しゅうかん以上いじょうなるとはおもってもみませんでした。簡単かんたんどうにかできる問題もんだいではないとおもいますが、火葬かそうまでがながすぎると家族かぞく落ち着おちつかないところがあります本人ほんにんにもかわいそうがしてしまいます」とはなしていました。

担当たんとうしたかしわ葬儀そうぎ会社かいしゃによりますと、対応たいおうする遺体いたいかずえるなかで、「火葬かそう」をするケースえる傾向けいこうあるということでことしの1つきには、もっとながくて11日間にちかんケースもあったということです。

専門せんもんくに議論ぎろんモデルしめして」

葬送そうそう成り立なりたくわしい国立こくりつ歴史れきし民俗みんぞく博物館はくぶつかん山田やまだ慎也しんや教授きょうじゅつぎのように指摘してきしています。

国立こくりつ歴史れきし民俗みんぞく博物館はくぶつかん 山田やまだ慎也しんや教授きょうじゅ

どこまで親族しんぞくさが現状げんじょうでは一切いっさい規定きていがないなかで、対応たいおう自治体じちたいごとにことなり、社会しゃかいてき合意ごういもできていないため、不幸ふこう状況じょうきょうまれている。ルールがないままでは、死後しごどう取り扱とりあつかわれるかわからない不安ふあんや、のこされるひとたちが追悼ついとう機会きかいうしなことにもつながる。故人こじんきちんと尊厳そんげんをもっておくというかんが前提ぜんていに、親族しんぞく調査ちょうさをしてどの段階だんかいであれば火葬かそうしてもいいかくにレベルで議論ぎろんをしてモデルをしめすことで、自治体じちたい対応たいおう可能かのうになる」

そのうえで、もとめられる対策たいさくについては、「自治体じちたいによっては、生前せいぜんからおわりかつ情報じょうほう緊急きんきゅう連絡れんらくさきなどを事前じぜん登録とうろくする取り組とりくみをすすめるところがありこうした情報じょうほう社会しゃかいてき共有きょうゆうする仕組しくみや、地域ちいき福祉ふくし枠組わくぐみのなか寺院じいん葬儀そうぎ業者ぎょうしゃなどもくわえるなどしてスムーズに生前せいぜんから死後しごのプロセスに移行いこうできるような社会しゃかいつくっていく必要ひつようある」とはなしていました。

6つき10にちつき)の「クローズアップ現代げんだい」で放送ほうそうした内容ないようは、NHKプラス放送ほうそういち週間しゅうかん、17にちつき午後ごご7:57 まで見逃みのが配信はいしんしています↓↓

らない火葬かそうされた“あふれる遺体いたい相次あいつトラブル実態じったい

配信はいしん期限きげん :6/17(つき) 午後ごご7:57 まで

5
4
3
2
1
Japanese newspaper
だい171かい直木なおきしょういちミチさんの「ツミデミック」
だい171かい芥川あくたがわしょう直木なおきしょう選考せんこうかいが17にち東京とうきょうひらかれました。芥川賞あくたがわしょうに▽朝比奈あさひなあきさんの「サンショウウオのよんじゅうきゅうにち」と、▽松永まつながK三蔵さんぞうさんの「バリ山行さんこう」がえらばれました。朝比奈あさひなさん、松永まつながさんははじめての候補こうほでの受賞じゅしょうです。また直木なおきしょういちミチさんの「ツミデミック」がえらばれました。一穂いちほさんは3かい候補こうほでの受賞じゅしょうです。
Source: NHK Jul 17, 2024 18:07
Japanese newspaper
自民じみん 堀井ほりいまなぶ衆院しゅういん議員ぎいん 違法いほう寄付きふ 計数けいすうじゅうまんえんぶん繰り返くりかえしたうたが
自民党じみんとう堀井ほりいまなぶ衆議院しゅうぎいん議員ぎいんが、選挙せんきょ区内くない秘書ひしょなどを通をつうじて香典こうでんわたすなどあわせてすうじゅうまんえんぶん違法いほう寄付きふ繰り返くりかえしていたうたがいがあることが、関係かんけいしゃへの取材しゅざいでわかりました。東京とうきょう地検ちけん特捜とくそうは、すでにもと秘書ひしょなどから任意にんい事情じじょういていて、ちかく、公職こうしょく選挙せんきょほう違反いはんうたがいで捜査そうさ本格ほんかくさせるものとみられます。
Source: NHK Jul 17, 2024 18:07
Japanese newspaper
速報そくほうちゅう 首相しゅしょう きゅう優生ゆうせい保護ほごほうめぐり謝罪しゃざいじょ期間きかん主張しゅちょう撤回てっかい
岸田きしだ総理そうり大臣だいじんきゅう優生ゆうせい保護ほごほうをめぐる裁判さいばん原告げんこくらと面会めんかいしました。どんなやりとりがあったのでしょうか。それぞれの発言はつげん速報そくほうお伝おつたえします。
Source: NHK Jul 17, 2024 17:07
Japanese newspaper
京都きょうと 祇園祭ぎおんまつり 最大さいだいどころ山鉾やまぼこ巡行じゅんこう」がはじまる
京都きょうとなついろど祇園ぎおんさい最大さいだいどころ、まえさい(さきまつり)の「山鉾やまぼこ巡行じゅんこう(やまほこ)」がおこなわれ、豪華ごうか装飾そうしょくほどこしたやまほこ都大路みやこおおじすすんでいます。
Source: NHK Jul 17, 2024 12:07
Japanese newspaper
べい共和党きょうわとう大会たいかい2にち ヘイリーもと国連こくれん大使たいし演説えんぜつ結束けっそく強調きょうちょう
トランプぜん大統領だいとうりょう大統領だいとうりょう候補こうほ正式せいしき指名しめいしたアメリカ・共和党きょうわとう全国ぜんこくとう大会たいかいは2にちむかえ、トランプとう指名しめいあらそいを繰り広くりひろげたヘイリーもと国連こくれん大使たいしがこのあと演説えんぜつする予定よていです。当初とうしょ予定よていになかったヘイリー登壇とうだん銃撃じゅうげき事件じけんまったとつたえられていて、あき大統領だいとうりょう選挙せんきょけてとう結束けっそく強調きょうちょうするねらいがあるものとみられます。
Source: NHK Jul 17, 2024 07:07
Japanese newspaper
松山まつやま 土砂崩どしゃくず 専門せんもん現地げんち調査ちょうさ原因げんいん非常ひじょう複雑ふくざつ
今月こんげつ12にち松山まつやまで3にん死亡しぼうした土砂崩どしゃくずれについて現地げんち調査ちょうさおこなった愛媛えひめ大学だいがく専門せんもんたちは「複数ふくすう過程かていがあった可能かのうせいかんがえられる」と指摘してきしたうえで、原因げんいん非常ひじょう複雑ふくざつでさらなる検討けんとう必要ひつようだとする調査ちょうさ結果けっか速報そくほうをまとめて提出ていしゅつしました。
Source: NHK Jul 17, 2024 05:07
Japanese newspaper
知事ちじパワハラ疑惑ぎわく百条委ひゃくじょうい死亡しぼうしたもと局長きょくちょう陳述ちんじゅつしょなど提出ていしゅつ
兵庫ひょうごけん斎藤さいとう知事ちじのパワハラのうたがいなどを指摘してきするけんもと局長きょくちょう作成さくせいした文書ぶんしょをめぐり、県議会けんぎかいの「ひゃくじょう委員いいんかい」の理事りじかいひらかれ、死亡しぼうしたもと局長きょくちょう準備じゅんびしていたとみられる陳述ちんじゅつしょや、音声おんせいデータが、遺族いぞくから議会ぎかいがわ提出ていしゅつされたことが報告ほうこくされました。
Source: NHK Jul 16, 2024 21:07
Japanese newspaper
にせ情報じょうほうやなりすまし広告こうこく 対策たいさく提言ていげんあんまとまる
にせ情報じょうほうまん延まんえんやなりすましのにせ広告こうこくによる詐欺さぎ被害ひがいなど、デジタル空間くうかん情報じょうほう流通りゅうつう課題かだいについて対策たいさく話し合はなしあ総務そうむしょう検討けんとうかいひらかれました。SNSなどのプラットフォーム事業じぎょうしゃ対策たいさくすすめるよううなが制度せいどづくりなどをくにもとめるとりまとめのあんしめされました。
Source: NHK Jul 16, 2024 20:07
Japanese newspaper
愛知あいち 高浜たかはま市役所しやくしょ おとこあぶらのようなものかぶりつける 3にんけが
16にち午後ごご愛知あいちけん高浜たかはま市役所しやくしょおとこあぶらのようなものをかぶってをつけ、ちかくにいた3にんがけがをしました。おとこはその確保かくほされましたが、重傷じゅうしょうとみられるということです。によりますと、およそ2ねんまえから、おとことの納税のうぜいに関にかんするトラブルがあったということで、警察けいさつがいきさつを調しらべています。
Source: NHK Jul 16, 2024 16:07
Japanese newspaper
松山まつやま 3にん死亡しぼう土砂崩どしゃくず 災害さいがい対策たいさく本部ほんぶ会議かいぎ支援しえん全力ぜんりょくを”
今月こんげつ12にち松山まつやま中心ちゅうしん発生はっせいした、3にん死亡しぼうしただい規模きぼ土砂崩どしゃくずれをけて、松山まつやま災害さいがい対策たいさく本部ほんぶ会議かいぎひらき、避難ひなん生活せいかつつづひとたちなどの支援しえん全力ぜんりょくげる方針ほうしん確認かくにんしました。
Source: NHK Jul 16, 2024 13:07